【着物ブヒ袋】

【French Bulldog Life】に掲載頂いてます。https://frenchbulldog.life/column/2620



 用意するもの

・折り紙、千代紙(100円ショップのものが可愛いですよ)

その他便箋や包み紙など15cm×10cm位の紙があればなんでも。

・マスキングテープ。(なければセロテープでも)

・小さめのシール(こちらも100円ショップのもの、なくても大丈夫です)

『着物をつくりましょう。』

【1】15cm折り紙を10cm幅に切る。


【2】1cm程度折る。

【3】1cm折った部分を1/3程度上に折り返す。(白い部分を少し残しておく)

【4】白い部分にマスキングテープで柄をつける。(3mm幅のテープを使用。重ね衿なのでつけなくても良い)

【5】半分に折る。

【6】着物の衿になる部分を折る。

【7】左右同じ位になるように。(※合わせ方は必ずこのように左胸が上にくるように)


【8】裏に返して左右を折る。

【9】表に戻し、

【10】半分のところで折り上げる。

【11】半分に折った部分の肩の部分を折り内側に入れ込む。

【12】半分に折った部分の肩の部分を折り内側に入れ込む。



着物出来上がり。(※衿合わせは必ず左胸が上になるように。)



『次は帯です。』

15cm×2cmを用意。





帯を巻く


帯締めはマスキングテープ3mm幅を10cm用意。(テープを3~5mm程度にカットしても)


帯をマスキングテープで貼り付ける。


帯の後ろ部分は、中に入れ込んでも垂らしても。


シールを貼って帯留めでお洒落をしましょう。


後ろ姿もバッチリです。



いろんな柄でつくってみよう。

(着物と帯の色合わせや、帯締め、帯留めのお洒落も楽しめる着物スタイルです。)



『いよいろ仕上げです。』

顔を用意します。

・自分で描いたものや、写真でも。(イラストも印刷してお使いください。)

切って着物に差し込む。


《POINT》切り込みを入れてタフタフが着物にかかるようにすると可愛いですよ。


出来上がり!


箸の他、スプーンやフォーク、爪楊枝入れに。

いろんな動物の顔や子供の描いた絵など、いろいろ着せ替えて楽しめそうです。

もちろん顔を付けず、和柄の箸袋、爪楊枝入れとして外国の方へのおもてなしとしても喜んでもらえそうです。



0コメント

  • 1000 / 1000